2006年02月03日

ミルトン・エリクソンの催眠療法入門―解決志向アプローチ |W.H. オハンロン /M. マーチン

ミルトン・エリクソンの催眠療法入門―解決志向アプローチミルトン・エリクソンの催眠療法入門―解決志向アプローチ
W.H. オハンロン /M. マーチン
金剛出版 刊
発売日 2001-05



確かに良い本だけど、もっと知りたくなる! 2004-09-20
 エリクソンに関心のある方なら、催眠療法を行うか、行わないかに関わらず読んでもらいたい本です。もちろん、心理臨床に携わる人になら、だれがよんでも有益なことは、間違いないでしょう。
  この本は、ワークショップを再現する形式になっているので、非常にわかりやすい。途中、図表などを示して説明もあるから、講義を聞いて、その黒板を見ている気分となる。 講師は、エリクソンの弟子であるオハンロンなのですから、名講義で、最後まで、興味を持って講義を受けることができるでしょう。
  ただ、読み終わると、もっと講義の続きを聞いてみたい!!!と言う気分になりなす。
 
 
 


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by あづま at 01:33| 催眠療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不倫相談・浮気発覚後の心理セラピーの女と男の心のヘルス癒しの心理学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。